金山展望台



【分類】
展望台

【所在地/連絡先】
住所:和歌山県東牟婁郡串本町大島[地図][ルート地図]
電話番号:0735-62-0557(串本町役場本庁舎 商工観光課)

【営業時間】
24時間OK。

【定休日】
無し。

【オススメポイント】
・眼下に広がる絶景。
・左手に橋杭岩を見降ろし、右手には南紀の海岸線を望む。
・大自然を眺めながら、静かなひとときを味わえる。
・机とベンチも数セットあり。
・無料駐車場(10台)あり。

【注意点】
・軽く登山道を登ることになるので、運動靴の方が良い。
・街灯は無い為、夜は真っ暗となるので注意。

【交通アクセス】
1.阪和自動車道 南紀田辺I.C.出口より国道42号線へ。
2.国道42号線をひたすら串本町方面へ。
3.「潮岬東入口」信号を右折。
4.次の信号を左折し、くしもと大橋を渡る。
5.そのまま直進し、突き当りを左折。
6.30m程直進すると右手に看板が見える。
[所要時間:約2時間(南紀田辺I.C.より)]
[駐車場:あり]
※ルート地図はコチラ

【周辺オススメスポット】
やまさき屋 [行き方(所要時間:約30分)]
田舎料理と家庭的なおもてなし。

【旅日記】
約1年半前。
とがジムニーと出会う前のこと。
本州最南端の町、串本町で見つけた絶景ポイント。

あの日の感動が忘れられないとと相棒は、この日、愛知県を出発したのだった。

当時通ったルートを辿りながらのドライブ。
その当時の記憶がよみがえる。
そうそう、ココで休憩したなぁ。
そう!ココの海岸、めっちゃキレイやった!懐かしい!

そんなこんなで途中寄り道をしつつ、串本町に到着。
橋杭岩を横目に見ながら通り過ぎ、くしもと大橋を渡り、見覚えのある看板の前に到着。

う〜ん、懐かしい。看板も階段も当時のまま。
但し、階段周辺の雰囲気は、何だか前回よりもサッパリとしてる。
前はもっとこう、鬱蒼と草やら枝やらが生い茂ってたような。。。

まぁ、そんなことはさておき、
まるでトトロの棲み家に通じる道のような雰囲気の中を歩く。
ところどころ、木々の隙間から海が見えたり、空が見えたり。
そして、時折聞こえる鳥の鳴き声。
そんな癒しの空間を満喫しながら、先へと進む。


左上) 金山登山口のバス停。串本駅からバスが出ている[時刻表]。
左下) 木々の隙間から見える空。この日は本当に天気に恵まれた。
右)  登山口から続く階段。階段を登り切った後もしばらく歩く。
上)  途中で見える海と空。この景色でも十分素晴らしい。

そんな感じで10分程進むと、展望スポットが左手に現れる。
この場所からは、橋杭の様に一直線に並ぶ奇岩群「橋杭岩(はしぐいいわ)」を、上から見下ろし、一望することが出来る。

そして、この場所には木製のベンチとテーブルが設置されているので、お弁当を持参すればここで海を眺めながら、食事することも可能。
なかなか贅沢じゃないですか。近くなら結構な頻度で訪れたいところだ。

夜は串本町の夜景がキレイらしいのだが、街灯が無い為、かなり不気味な雰囲気になる可能性が大いにアリ。
事実、地元の人でも夜に来る人はまれらしい。

この絶景ポイントから元の道に戻り、さらに奥に進むと、同じような展望スポットがもう一か所ある。
コチラにも木製のベンチとテーブルが設置されている。

さらに奥に進むとベンチとテーブルが2セット並ぶ場所があるが、ここからは海を望むことは出来ない。
なので、前述二か所のどちらかで絶景を楽しむのがオススメ。
という訳で、結構オススメな金山展望台。是非一度訪問下さい。

(上左) 一つ目の展望スポット。ベンチやテーブルはキレイに整備されている。
(上中) 二つ目の展望スポット。作りは一つ目とほとんど同じ。
(上右) 二つ目の展望スポットからの眺め。写真右側に並んでいる、海面から突き出た岩が「橋杭岩」。ちなみに近くで見るとこんな感じ
(右)  三つ目の展望(?)スポット。海を見ることは出来ないが、三つの中で一番広く、ベンチやテーブルの数も多い。

。。。と、ここまで書いてきたのは実は前置き。
今回の目的地は前述した展望スポットでは無いんですよ。
道が非常に分かりにくいのですが、三つ目の展望スポットの、さらに奥に、紹介したいホントの絶景ポイントがあるのです!

それが、ココ↓

足元は断崖絶壁で、景色を遮るものは何も無し。
左手前方には橋杭岩、右手には南紀の海岸線が続く。
崖の上から海を見下ろせば、群を成して飛びまわる鳥たちの姿が見える。

雄大な大自然に囲まれて、何も考えずにゆっくりと流れる時間を楽しむ。
極上のひとときです。

春になってもう少し温かくなったら、絶え間なく吹く風が、それはそれは気持ち良いことでしょう。

ちなみに、ホントに断崖絶壁で、柵も無いので、非常に危険です。
もし行かれる際は、あまり崖の先端には近付かないようにして、落っこちないようにくれぐれもご注意下を!
小さい子は絶対連れてっちゃダメです!手前のベンチまでにして下さい。

(上左) 絶景ポイントへの入口。三つ目の展望スポットの白い看板に向かって左側(黄色い円で囲った部分)の奥に絶景ポイントへと通じる道がある。
(上右) 絶景ポイントへの小道。この道を抜けた先に絶景ポイントが。
(下左) 断崖絶壁なので、足元には十分注意を。
(下右) 右手に広がる南紀の海岸線。景色とは全然関係ないですが、右下の岩に映る自分の影で遊んでみました

【関連リンク】
本州最南端の町串本町・・・串本町役場公式サイト。観光スポット、イベント情報など。



食事処 じゃがいも」<<BACK|記事一覧|NEXT>>「Sekky's Diner(セッキーズダイナー)
 
posted by と at 02:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大自然! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千里浜なぎさドライブウェイ



【分類】
道路

【所在地/連絡先】
住所:石川県羽咋市新保町[地図][ルート地図]
TEL:0767-22-1111(羽咋市役所)

【営業時間】
24時間OK!

【定休日】
無し(ただし、海の状態によっては、走れないときもあり)

【オススメポイント】
・砂浜をドライブ出来る。
・夕日を横目に波打ち際をドライブ。
・ガードレールも何も無い開放感。

【注意点】
・車が相当汚れるので、洗車必須。
・天候によっては走行不可能な場合もあり。
・砂浜を歩いている人もいるので注意。
・スタック注意!

【交通アクセス】
1.北陸金沢東I.C.より国道8号線を西へ。
2.「田中」信号を右折。
3.「海浜向陽台」信号を右折(能登道路(有料)へ)。
4.今浜I.C.を降りて、すぐの信号を左折。
5.突き当たりを左折して道なりに進むと、砂浜につながる。
[所要時間:約50分(北陸金沢東I.C.より)]
[駐車場:あり(そこらじゅう)]
※ルート地図はコチラ

【周辺オススメスポット】
おかざき荘 [行き方(所要時間:約40分)]
波の音と静かな時間。
厚生食堂 [行き方(所要時間:約50分)]
金沢港の食堂。旨い魚。

【動画日記】
はしゃいで来ました。


良い子は真似しないでね!


もちろん。。。
その日のうちに洗車。

 

真夜中に洗車。寒かった。。。



それでも次の日、表面真っ白。ざらっざらやったし。
さすが海水。手強いですな。

[2012.08.16追記]
千里浜の本当の魅力は天気が良い日!
普通に海水浴も出来るし、海に沈む夕陽を楽しむことも出来ます!



【関連リンク】
千里浜なぎさドライブウェイ・・・羽咋市役所公式サイト。イベント情報など。



FRECKLE(フリークル)」<<BACK|記事一覧|NEXT>>「大衆食堂 愛膳
 
posted by と at 02:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大自然! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青谷不動の滝



【分類】


【所在地/連絡先】
住所:静岡県浜松市天竜区青谷[地図][ルート地図]
TEL:無し

【入場料金】
入場料金・・・無料
駐車場・・・無料
※2009年1月12日現在

【営業時間】
(たぶん)24時間いつでも入れる。

【オススメポイント】
・落差16mで、迫力あり。
・マイナスイオンで癒される。
・静かな雰囲気を楽しめる。
・屋根つきの休憩所(ベンチとテーブル完備)あり。
・夏は涼しく過ごせる(色んな意味で)。

【注意点】
・車道に設置された案内看板が小さいので、見落とさないように注意。
・橋がすごく細いので、渡れる車は限られる。乗用車はまず無理なので、
橋の手前に駐車して歩いて行った方が良い。
・橋を渡ると周辺地図があるが、かなりアバウト(下記「旅日記」参照)。

【交通アクセス】
1.東名浜松I.C.より県道65号線を北へ。
2.県道45号線との交差点を右折し県道45号線へ。
3.県道45号線をひたすら直進し、国道152号線へ合流。
4.「鹿島橋」信号(橋の手前)を左折し、県道9号線へ。
5.県道9号線を直進すると、「青谷不動の滝」という看板があるので、
6.この看板に従って、左折して橋を渡れば到着(橋はかなり狭いので渡れる車は限られます)。
[所要時間:約25分(東名浜松I.C.より)]
[駐車場:あり(細い橋を渡った先に、軽自動車4台くらい駐車出来るスペースあり)]
※ルート地図はコチラ

【周辺オススメスポット】
小堀谷鍾乳洞 [行き方(所要時間:約5分)]
小規模鍾乳洞。自分でライトを点灯させて中に入る。
竜ヶ岩洞 [行き方(所要時間:約35分)]
東海地区最大の鍾乳洞。

【旅日記】
当初の目的地とは違うけど、
地図を見てたら偶然目に留まった「青谷不動の滝」。
「よし。行ってみよう。」
iriguti.jpg
東海地方の地図だから、10万分の1サイズのみ。
県道9号線沿いということしか分からずも、とりあえず走る。

「あっ、今、何かそれっぽい看板があったくね?」
一度普通に通り過ぎちゃったので、Uターンで戻ってみると、ありましたわ。ちっちゃい看板さんが(写真撮り忘れました)。

看板の矢印に従い、小道に入る。
橋、せまっ!!



まあ、ジムニーなら余裕なんですが、軽でも無理なやつはあるんじゃないか?

こいつを渡りきると、駐車スペースがあります。



周囲には明らかに誰も住んでいないと思われる家や、謎の小屋があり、何やら怪しい雰囲気。
街灯も見当たらないし。
日が暮れるとやばいな。。。
先を急ぎます。

駐車場から橋の方に少し戻ると、滝までの地図があった。



・・・かなりアバウト。
そしてここで注意があります。
この地図、上の方に、しれっと「小堀谷鍾乳洞」と書いてます。
はっきり言って、縮尺無視しすぎ。
確かに方向は嘘じゃあ無いんだけど、鍛錬遠足くらいの距離あります。
車でも行けるので、車で行った方が無難かと。[行き方(所要時間:約5分)]

さて、本題に戻って、滝です。
とりあえず、地図に従って、それっぽい道を登って行く。
道が途中で二手に分かれていたので、迷いつつも右の道を選択。
(後で分かったが、左の方が近道。。。)
やっぱり街灯無し。周りはどんどん暗くなります。
う〜ん。行くの止めよかな。

帰りたくなる気持ちと戦いながら進んでいくと、水の音が。
おおっ!

 

なかなか良い感じじゃないですか!
季節柄、ちょっと水の量は少なめだけど、なかなかの迫力。
樹も茂っていて、夏に来たら気持ち良いだろうなぁ。
滝壷も浅いし、周辺の河でも遊べそう。

まぁ、冬の、しかも今の時間帯(16:30くらい)に来る人はおらんわな。
周囲を良く見ると、謎の看板(これも撮り忘れ)があって結構不気味やし。。。
夏に出直します。。。
こちらからは以上です。



小堀谷鍾乳洞」<<BACK|記事一覧|NEXT>>「麺達本店
 
タグ:
posted by と at 02:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大自然! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小堀谷鍾乳洞



【分類】
鍾乳洞

【所在地/連絡先】
住所:静岡県浜松市天竜区青谷[地図][ルート地図]
TEL:無し

【入場料金】
入場料金・・・無料
駐車場・・・無料
※2009年1月12日現在

【営業時間】
(たぶん)24時間いつでも入れる。

【オススメポイント】
・入場料金が無料。
・かなりマイナースポット。
・自分でライトのスイッチを入れる(ちょっと楽しい)。
・監視員も柵も無いので、自由に歩き回れる。

【注意点】
・辿り着くまで、道が合っているか、かなり不安になる。
・かなり小規模なので、ココをメインで行くのは止めた方がいいかも。
・近くに自販機などは無い。

【交通アクセス】
1.東名浜松I.C.より県道65号線を北へ。
2.県道45号線との交差点を右折し県道45号線へ。
3.県道45号線をひたすら直進し、国道152号線へ合流。
4.「鹿島橋」信号(橋の手前)を左折し、県道9号線へ。
5.青谷橋を渡った直後に左折し、細い道へ入る。(分かりにくいので注意!)。
6.曲がりくねった道をひたすら直進すると、右側に「鍾乳洞」の看板が見える。
[所要時間:約30分(東名浜松I.C.より)]
[駐車場:あり(乗用車2台くらい駐車出来るスペースあり)]
※ルート地図はコチラ

【周辺オススメスポット】
青谷不動の滝 [行き方(所要時間:約5分)]
阿多古川沿いの滝。落差16mの迫力。
竜ヶ岩洞 [行き方(所要時間:約40分)]
東海地区最大の鍾乳洞。

【旅日記】
静岡県鍾乳洞巡り第二弾。
「自分でライトを点けて入るんだよ」
そりゃあ、行くしか無いっしょ。

と、出発したのはいいものの...
どこ???道が分からん!
満足な地図も無く、さまようこと約1時間...

「あった!」
「わかんね〜よ!」
「看板、ちっちゃ〜いし。」
そして入口発見。見事に真っ暗です。

iriguti.jpg

気付けば時刻は5時を回ろうとしている。
入れるの?入っていいのか?

と、ここで、噂のスイッチを発見!

switch.jpg

勝手に点けて良いんだよな?
恐る恐る
「カチッ」
「おおっ!」
かなり分かりきっていた展開なのに、
ライトが点いた瞬間、声が出てしまった(たぶん皆さんも出ます)。

いざ、内部へ!

iriguti2.jpg

内部は、鍾乳洞というよりは、洞穴といった感じ。
冬だったので内部はカラッカラに乾いてたが、時期によっては地下水がしみ出しているときもあるらしい。

naibu.jpg  naibukara.jpg

周辺はこんな感じですなぁ。

soto.jpg

こんなに寒い時期じゃなかったら、のんびり出来そうです。

ちなみに、入口付近にあった看板によると、
この洞窟は奈良時代の遺跡とのこと。



竜ヶ岩洞」<<BACK|記事一覧|NEXT>>「青谷不動の滝
 
タグ:鍾乳洞
posted by と at 18:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大自然! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

竜ヶ岩洞

ryugashido.jpg


【分類】
鍾乳洞

【所在地/連絡先】
住所:静岡県浜松市北区引佐町田畑193[地図][ルート地図]
TEL:053-543-0108もしくは053-543-0678

【入場料金】
大人(高校生以上)・・・650円
中学生・・・450円
小学生・・・350円
駐車場・・・無料
※2009年1月12日現在

【営業時間】
9:00〜17:00

【オススメポイント】
・東海地区最大の鍾乳洞
・洞窟内に滝がある。
・マイナスイオンで癒される。
・ライトアップのセンスがいい(鍾乳石がきれいに見える配置になっている)
・夏は涼しく、冬は暖かい。(18℃を常にキープ)
・冬、運が良ければ(悪ければ?)冬眠中のコウモリに遭える。
・日本一の顔ハメ
・ローヤルトップ

【注意点】
・内部は足元が悪いところや、滑りやすいところがあるので、ハイヒールなどは
止めた方が良い。
・水がしたたる場所もあるので、多少水がかかっても気にしない服で来た方が良い。

【交通アクセス】
東名三ヶ日I.C.より国道362号線を東へ。
「金指西」信号を左折し国道257へ。
「井伊谷」信号を左折し,県道303へ。
道なりに直進すると、看板が見えます。
[所要時間:約30分(東名三ヶ日I.C.より)]
[駐車場:あり(バス25台、乗用車500台)]
※ルート地図はコチラ

【周辺オススメスポット】
青谷不動の滝 [行き方(所要時間:約35分)]
阿多古川沿いの滝。落差16mの迫力。
小堀谷鍾乳洞 [行き方(所要時間:約40分)]
小規模鍾乳洞。自分でライトを点灯させて入る。

【旅日記】
2009年1月12日。
記念すべき全国制覇への第一歩は、ここ、静岡県浜松市となった。
「鍾乳洞は冬でもあったかい」そんな響きに誘われて、一路、浜松市へ。

上記アクセスでは三ヶ日I.C.からのルートを示したが、実は国道1号線がオススメ。
潮見バイパス、浜名バイパスラインの景色は絶景ですから。
名古屋方面から行く方は、高速途中下車してでも通ってもらいたい。

と、本題に戻って、ここ「竜ヶ岩洞」。

dragon.jpg

入口でいきなりこいつに歓迎されます。
しかも、近付くと目が光って口から蒸気を吐く!
水がかかります。。。

そして、内部は。。。
唯一撮れた写真を掲載。

donai.jpg

いや、すいません。正直、写真は全く撮ってないです。。。
パンフレットの写真を掲載するのは著作権のことを考えるとマズイだろうしなぁ。。。

率直な感想は、「鍾乳石の見せ方が上手い」ってこと。
オススメポイントでも書いたけど、照明の当て方は上手いことやってるし、股の下から覗かせたり(変な想像しないように!行ったら分かりますから!)。
水面に映して見せたり。
特に「黄金の大滝」は見ごたえ十分。
かなり楽しめました。

そして、冬に行くのは結構オススメです。
人が少ないから、ゆっくり見れます。
途中で冬眠中のコウモリも確認出来たし。
(さすがにこれは写真撮れば良かった。。。)

さて、そんなこんなで、出口に到着。
喉が渇いてたので、ジュースを買おうかなと。

royaltop2.jpg royaltop3.jpg royaltop1.jpg

!!!
こいつは。。。この最強にゆるいキャラは何者?
しかも、自販機はこの色ツヤで、ガンガン現役!
と「こいつは買うしかねぇ。。。」
迷わず購入。

royaltop.jpg

「Royal Top(ローヤルトップ)」
〔品名〕炭酸飲料
〔原材料名〕果糖ぶどう糖・砂糖液糖、はちみつ、調味料(アミノ酸等)、クエン酸、酒石酸、香料、カロチン色素、ビタミンC、食塩、ビタミンB2、ビタミンB6
〔内容量〕180ml
味は、オロナミンCドリンクにはちみつを入れた感じ。
意外とうまかったっす。

それから、オススメポイントでも紹介した日本一(?)の顔ハメが。

kaohame.jpg

何をもって日本一なのか全くのナゾ。
でもしっかり写真は撮りました。

最後に、この人を紹介しておきます。

todasi.jpg

このお方こそ、「戸田貞夫氏」その人である。
「誰!?」って思わないように。
このお方がいなかったら、私達はこの美しい鍾乳洞を見ることが出来なかったのだ。

1981年6月、この土地の地主であった戸田氏は一大決心し、洞窟内の整備を開始。
約2年半の歳月をかけて、今の竜ヶ岩洞が完成したのである。
その戸田氏に敬意を表して、本日の日記を終わりたいと思います。
写真も、ちょっと良い感じに撮っておきましたので。

【関連リンク】
竜ヶ岩洞・・・「竜ヶ岩洞」公式サイト



記事一覧|NEXT>>「小堀谷鍾乳洞
 
タグ:鍾乳洞
posted by と at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大自然! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ページトップに移動

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。