ミネラル工房



【分類】
直売所(塩)

【所在地/連絡先】
住所:新潟県村上市中浜1076-2[地図][ルート地図]
電話:0235-44-2920
FAX:0235-44-2934

【主な商品】
・白いダイヤ(粗塩)・・・550円(360g)/300円(120g)
・越後 金色(細塩)・・・400円(100g)
・漬物にも合う塩(細塩)・・・800円(1kg)/450円(500g)
・天然にがり・・・1200円(1L)/400円(300cc)
・グリッシーニ(イタリア焼き菓子)・・・500円
・ゆで卵・・・80円
※2009年5月3日現在

【営業時間】
朝8時〜夕方5時半(夏季6時頃)

【定休日】
年中無休

【オススメポイント】
・こだわりの手作り製法が生み出した3種類の塩。
・親切、丁寧な説明を聞きながらの工房見学。
・工房眼前に広がる白い砂浜と日本海。

【注意点】
・3種類の塩を試食する際は試食の順番があるので注意。

【交通アクセス】
1.山形自動車道 鶴岡I.C.出口の信号を右折。
2.そのまま国道7号線を新潟方面へ直進。
3.山形県と新潟県の県境を越えた直後、
  左手方向、三角屋根に「塩」の文字が見える。[Photo]
[所要時間:約55分(鶴岡I.C.より)]
[駐車場:あり]
※ルート地図はコチラ

【周辺オススメスポット】
共同浴場 正面湯 [行き方(所要時間:約20分)]
静かな時の流れ。

【旅日記】
ジムニズムとして望んだ初の東北遠征。
今回の目的は青森まで到達すること。
短い期間(3.5日)でなるべく多くの県を周る為、「とりあえず、青森到着までは絶対に寄り道しない!」と並々ならぬ決意で望んだこの東北遠征。

並以下の決意だったことに気付いたのは、新潟県と山形県の県境にさしかかろうとしていた時だった。
三角屋根に描かれた「塩」の文字。

塩。

その味一つで料理の仕上がりが、がらりと変わる。
料理好きな僕は、そんな塩の力をなんとなく感じていた。

その塩の工房がそこにある。
気になる。
気になるよね。
気になるさ。

いやいや、行くしかないっしょ。
ここまで何箇所かは我慢したし。
ホント、ここだけ!ここだけやから!
必死で自分の心を説得しながらいざ店内へ。

店に入ると、店長と思しき方がお客さんと会話中。
入口から入って右手側と奥に、塩を作る為の設備があり、左手側に販売スペースがある。
販売スペースにきれいに並べられた商品達。
塩だけでは無く、味噌やゆで卵、焼き菓子もある。



販売スペースの傍らには、試食コーナーもあり、ココで作っている、三種類の塩を試食することが出来る。
ちなみに試食は「白いダイヤ」→「越後 金色」→「漬物にも合う塩」の順番で。
辛さが弱い方から試食していくという意味だと思われる(確認してくるの忘れた〜)。



店内をぐるりと一周していると、奥で作業をしていた店員さんが店に入ってきた。
聞くと、この裏手に海水を煮詰める釜があるらしい。
見学出来るとのことなので、早速、釜がある場所へ向かう。

お店の裏手に回ると大きな釜が三つならんでいた。

 

釜の下で燃える薪が時折、パチパチと心地良い音を奏でる。

店員さん「まずはこの釜で海水を煮詰めて水分を蒸発させていくんです」
と「へぇ〜、ちょっと覗いてみてもいいですか?」
店員さん「どうぞどうぞ。」
(後で分かったが、前述の店長と思しき方はこの工房の社長さん
(ここでは「親方」と呼ばれていた)で、この店員さんは奥様だった)

釜の中を覗き込むと、蒸気がもうもうとたちこめる中、海水がグツグツと音を立てている。
釜の周囲は熱気が充満し、ちょっと肌寒い季節にも関わらず、ものすごい暑さ。作業は相当大変だろう(とくに真夏!)。

釜の中で濃縮された海水は、その後、不純物除去を経て湯煎釜へ。
この工程で、ココの工房独自の特殊な一手間が施される。
その作業が塩の旨味を引き出す秘訣らしい(もちろん、内容は教えてもらえなかった)。

最後にゆっくりと時間をかけながら塩を結晶化させれば、眩いばかりに輝く「白いダイヤ」の完成となる。



その味は、まろやかで辛さは少なく、むしろ「甘い」という感覚。
最後にふわりと塩の風味を感じる、さっぱりとした後味。
いわゆる「しょっぱい」辛さはほとんど感じないので、最初、普通の塩のイメージで試食したときは味が無いかと思ってしまったくらい。
こいつは旨いっす。
これでオニギリを作ったら、オニギリをおかずにオニギリが食えそうです。

3種類の塩を試食した結果、この「白いダイヤ」を購入。
さらに「ラ・ファリネッラ(東京都杉並区)」とのコラボ商品である、「グリッシーニ」という、イタリアの焼き菓子と、ゆで卵を購入した。
グリッシーニも試食出来るので、是非お試しあれ。
シンプルな味ながら、クセになる美味しさです。

お会計で、「実は全国をジムニーで旅してるんです。」と切り出したことから、親方との会話スタート。
僕の旅話から親方の塩に対する思い、途中に政治の話も飛び出し、なかなかにボリュームのある対話となった。
中でも印象に残ってるのは

と「それにしても、全部安いですよね?
   この製造の手間考えたら、もっと高くても良いと思うし、
   全然売れると思うんですけど。。。」
親方「値段はあんまり上げたくないんです。
   地元の人に買ってもらいたいから。」

親方「もちろん、遠くから来て下さるお客様には感謝してますし、
   そんなお客様に喜んでもらえる様、良いモノ作っていこうって思ってます。
   でも、やっぱり地元あっての工房だし、
   地元の人に愛される塩を作っていきたいんですよ。」

そう語る親方の、はにかんだ笑顔は何よりも輝いていた。

そして、このブログに載せる情報を提供して下さり、写真撮影にご協力下さり、唐突に「温泉に行きたい」と言い出した僕の為に、地図まで用意して下さり、ホントに有難う御座いました!
(この温泉の話は別途執筆しました。)
また、必ず来ます!
皆様も是非、工房を訪れ、親方と奥様の笑顔と「白いダイヤ」に触れてみて下さい。

最後に記念撮影。



【関連リンク】
ミネラル工房・・・「ミネラル工房」公式サイト。ネット販売も有り。
とがしのこんな一日・・・「ミネラル工房」親方のブログ。



海と星の見える丘公園」<<BACK|記事一覧|NEXT>>「Free Style(ふりーすたいる)
 
タグ:
posted by と at 09:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 先日は東北遠征の旅の途中、工房に寄って頂きありがとうございました。
毎日 心込めて塩作りしていますが、食の安心は生産者がしっかり伝えていく事が大切だと考えてます。
そして心が届く事が本当に嬉しいことの一つです…
 闘犬さんとの出逢いもとても嬉しい事でした!
そして素晴らしいブログですね!【ジムニズム】これからの旅の記録も楽しみにして読ませて頂きますね^^v

 こちらの旅に来られる時はぜひ工房に寄ってください!
またゆっくり話せる機会があればと楽しみにしています。
こんなにたくさんご紹介頂いて感謝ですo(^^o)
Posted by 塩屋とがし at 2009年05月06日 19:31
コメント有難う御座います!
僕も、とがしさんと、そしてミネラル工房と出会えて、ホントに良かったと思ってます!
また近くを訪れたときは、必ず立ち寄らせてもらいます^^
またゆっくり語り合いましょう(笑)

それから、ブログの記載内容(商品情報など)に変更等ありましたら、更新いたしますので、いつでも連絡下さい!
ではでは、今後とも、宜しくお願いします^^
Posted by 闘犬 at 2009年05月08日 06:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップに移動

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。