青谷不動の滝



【分類】


【所在地/連絡先】
住所:静岡県浜松市天竜区青谷[地図][ルート地図]
TEL:無し

【入場料金】
入場料金・・・無料
駐車場・・・無料
※2009年1月12日現在

【営業時間】
(たぶん)24時間いつでも入れる。

【オススメポイント】
・落差16mで、迫力あり。
・マイナスイオンで癒される。
・静かな雰囲気を楽しめる。
・屋根つきの休憩所(ベンチとテーブル完備)あり。
・夏は涼しく過ごせる(色んな意味で)。

【注意点】
・車道に設置された案内看板が小さいので、見落とさないように注意。
・橋がすごく細いので、渡れる車は限られる。乗用車はまず無理なので、
橋の手前に駐車して歩いて行った方が良い。
・橋を渡ると周辺地図があるが、かなりアバウト(下記「旅日記」参照)。

【交通アクセス】
1.東名浜松I.C.より県道65号線を北へ。
2.県道45号線との交差点を右折し県道45号線へ。
3.県道45号線をひたすら直進し、国道152号線へ合流。
4.「鹿島橋」信号(橋の手前)を左折し、県道9号線へ。
5.県道9号線を直進すると、「青谷不動の滝」という看板があるので、
6.この看板に従って、左折して橋を渡れば到着(橋はかなり狭いので渡れる車は限られます)。
[所要時間:約25分(東名浜松I.C.より)]
[駐車場:あり(細い橋を渡った先に、軽自動車4台くらい駐車出来るスペースあり)]
※ルート地図はコチラ

【周辺オススメスポット】
小堀谷鍾乳洞 [行き方(所要時間:約5分)]
小規模鍾乳洞。自分でライトを点灯させて中に入る。
竜ヶ岩洞 [行き方(所要時間:約35分)]
東海地区最大の鍾乳洞。

【旅日記】
当初の目的地とは違うけど、
地図を見てたら偶然目に留まった「青谷不動の滝」。
「よし。行ってみよう。」
iriguti.jpg
東海地方の地図だから、10万分の1サイズのみ。
県道9号線沿いということしか分からずも、とりあえず走る。

「あっ、今、何かそれっぽい看板があったくね?」
一度普通に通り過ぎちゃったので、Uターンで戻ってみると、ありましたわ。ちっちゃい看板さんが(写真撮り忘れました)。

看板の矢印に従い、小道に入る。
橋、せまっ!!



まあ、ジムニーなら余裕なんですが、軽でも無理なやつはあるんじゃないか?

こいつを渡りきると、駐車スペースがあります。



周囲には明らかに誰も住んでいないと思われる家や、謎の小屋があり、何やら怪しい雰囲気。
街灯も見当たらないし。
日が暮れるとやばいな。。。
先を急ぎます。

駐車場から橋の方に少し戻ると、滝までの地図があった。



・・・かなりアバウト。
そしてここで注意があります。
この地図、上の方に、しれっと「小堀谷鍾乳洞」と書いてます。
はっきり言って、縮尺無視しすぎ。
確かに方向は嘘じゃあ無いんだけど、鍛錬遠足くらいの距離あります。
車でも行けるので、車で行った方が無難かと。[行き方(所要時間:約5分)]

さて、本題に戻って、滝です。
とりあえず、地図に従って、それっぽい道を登って行く。
道が途中で二手に分かれていたので、迷いつつも右の道を選択。
(後で分かったが、左の方が近道。。。)
やっぱり街灯無し。周りはどんどん暗くなります。
う〜ん。行くの止めよかな。

帰りたくなる気持ちと戦いながら進んでいくと、水の音が。
おおっ!

 

なかなか良い感じじゃないですか!
季節柄、ちょっと水の量は少なめだけど、なかなかの迫力。
樹も茂っていて、夏に来たら気持ち良いだろうなぁ。
滝壷も浅いし、周辺の河でも遊べそう。

まぁ、冬の、しかも今の時間帯(16:30くらい)に来る人はおらんわな。
周囲を良く見ると、謎の看板(これも撮り忘れ)があって結構不気味やし。。。
夏に出直します。。。
こちらからは以上です。



小堀谷鍾乳洞」<<BACK|記事一覧|NEXT>>「麺達本店
 
タグ:
posted by と at 02:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大自然! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップに移動

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。