竜ヶ岩洞

ryugashido.jpg


【分類】
鍾乳洞

【所在地/連絡先】
住所:静岡県浜松市北区引佐町田畑193[地図][ルート地図]
TEL:053-543-0108もしくは053-543-0678

【入場料金】
大人(高校生以上)・・・650円
中学生・・・450円
小学生・・・350円
駐車場・・・無料
※2009年1月12日現在

【営業時間】
9:00〜17:00

【オススメポイント】
・東海地区最大の鍾乳洞
・洞窟内に滝がある。
・マイナスイオンで癒される。
・ライトアップのセンスがいい(鍾乳石がきれいに見える配置になっている)
・夏は涼しく、冬は暖かい。(18℃を常にキープ)
・冬、運が良ければ(悪ければ?)冬眠中のコウモリに遭える。
・日本一の顔ハメ
・ローヤルトップ

【注意点】
・内部は足元が悪いところや、滑りやすいところがあるので、ハイヒールなどは
止めた方が良い。
・水がしたたる場所もあるので、多少水がかかっても気にしない服で来た方が良い。

【交通アクセス】
東名三ヶ日I.C.より国道362号線を東へ。
「金指西」信号を左折し国道257へ。
「井伊谷」信号を左折し,県道303へ。
道なりに直進すると、看板が見えます。
[所要時間:約30分(東名三ヶ日I.C.より)]
[駐車場:あり(バス25台、乗用車500台)]
※ルート地図はコチラ

【周辺オススメスポット】
青谷不動の滝 [行き方(所要時間:約35分)]
阿多古川沿いの滝。落差16mの迫力。
小堀谷鍾乳洞 [行き方(所要時間:約40分)]
小規模鍾乳洞。自分でライトを点灯させて入る。

【旅日記】
2009年1月12日。
記念すべき全国制覇への第一歩は、ここ、静岡県浜松市となった。
「鍾乳洞は冬でもあったかい」そんな響きに誘われて、一路、浜松市へ。

上記アクセスでは三ヶ日I.C.からのルートを示したが、実は国道1号線がオススメ。
潮見バイパス、浜名バイパスラインの景色は絶景ですから。
名古屋方面から行く方は、高速途中下車してでも通ってもらいたい。

と、本題に戻って、ここ「竜ヶ岩洞」。

dragon.jpg

入口でいきなりこいつに歓迎されます。
しかも、近付くと目が光って口から蒸気を吐く!
水がかかります。。。

そして、内部は。。。
唯一撮れた写真を掲載。

donai.jpg

いや、すいません。正直、写真は全く撮ってないです。。。
パンフレットの写真を掲載するのは著作権のことを考えるとマズイだろうしなぁ。。。

率直な感想は、「鍾乳石の見せ方が上手い」ってこと。
オススメポイントでも書いたけど、照明の当て方は上手いことやってるし、股の下から覗かせたり(変な想像しないように!行ったら分かりますから!)。
水面に映して見せたり。
特に「黄金の大滝」は見ごたえ十分。
かなり楽しめました。

そして、冬に行くのは結構オススメです。
人が少ないから、ゆっくり見れます。
途中で冬眠中のコウモリも確認出来たし。
(さすがにこれは写真撮れば良かった。。。)

さて、そんなこんなで、出口に到着。
喉が渇いてたので、ジュースを買おうかなと。

royaltop2.jpg royaltop3.jpg royaltop1.jpg

!!!
こいつは。。。この最強にゆるいキャラは何者?
しかも、自販機はこの色ツヤで、ガンガン現役!
と「こいつは買うしかねぇ。。。」
迷わず購入。

royaltop.jpg

「Royal Top(ローヤルトップ)」
〔品名〕炭酸飲料
〔原材料名〕果糖ぶどう糖・砂糖液糖、はちみつ、調味料(アミノ酸等)、クエン酸、酒石酸、香料、カロチン色素、ビタミンC、食塩、ビタミンB2、ビタミンB6
〔内容量〕180ml
味は、オロナミンCドリンクにはちみつを入れた感じ。
意外とうまかったっす。

それから、オススメポイントでも紹介した日本一(?)の顔ハメが。

kaohame.jpg

何をもって日本一なのか全くのナゾ。
でもしっかり写真は撮りました。

最後に、この人を紹介しておきます。

todasi.jpg

このお方こそ、「戸田貞夫氏」その人である。
「誰!?」って思わないように。
このお方がいなかったら、私達はこの美しい鍾乳洞を見ることが出来なかったのだ。

1981年6月、この土地の地主であった戸田氏は一大決心し、洞窟内の整備を開始。
約2年半の歳月をかけて、今の竜ヶ岩洞が完成したのである。
その戸田氏に敬意を表して、本日の日記を終わりたいと思います。
写真も、ちょっと良い感じに撮っておきましたので。

【関連リンク】
竜ヶ岩洞・・・「竜ヶ岩洞」公式サイト



記事一覧|NEXT>>「小堀谷鍾乳洞
 
タグ:鍾乳洞
posted by と at 00:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 大自然! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップに移動

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。